収益アップ

【webライターの将来性】オワコンと言われる理由と生き残る秘訣

好きなときに好きな場所で働けるWebライターに興味をもつ人が増えています。誰でも手軽に取り組めることから、実際に働きはじめる人も多いです。

そんななか、

https://web-writers.jp/magazine/wp-content/themes/code_tcd090/img/common/no_avatar.png

・Webライターが増えすぎて飽和している

・今後は動画コンテンツが主流となるため将来性がない

という意見を耳にし不安になっている方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、Webライターの将来性について言及します。オワコンと言われる理由や生き残るWebライターになる秘訣についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

Webライターはオワコンではないと断言する理由について

Webライターはオワコンではないと断言できる理由を4つ解説します。

Webライターの需要は高まっている

Webでの情報収集が主流の時代になったため、オウンドメディアを立ち上げたり、Web広告をはじめたりする企業が増えてきました。多くの企業はライティング業務を外注するため、Webサイトや広告の数が増えるほどWebライターの需要が高まります。

企業担当者とライター握手

今後もインターネット市場は伸び続けますから、ますますWebコンテンツの作成機会は増えると予想できます。そうすると、Webライターの仕事も増え続けるでしょう。

他の業種にもスキルを活かしやすい

Webライターの仕事は「ブログやコラム記事などを書くこと」と思われがちですが、実際にはさまざまな分野のライティングを行っています。たとえばYouTubeをはじめとした動画のシナリオ作成です。あまり知られていませんが、動画内で読み上げられている文章はWebライターが書いています。そのほかインターネット広告用のライティングを行うことも多いです。

Webライターのスキルがあれば誰かのスピーチ文章をライティングしたり、多くの反応が得られる営業メールを書いたりもできます。

さまざまなジャンルの文章を書くライター

このように単なるブログやコラム記事のライティング以外にも、さまざまな仕事に応用できるのがWebライターです。多くの場面でスキルを活かせるWebライターは、将来性のある職業といえるでしょう。

AIでは応用に十分な対応ができない

AIで書かれた文章のクオリティも上がってきていますが、まだ完璧とは言えません。AIはもともとある情報を活かしてそれらを量産することは得意ですが、新しいものをつくり出すのは苦手です。よって、オリジナルの文章を書ける日は来ない可能性もあります。

また、人の感情に訴えかける文章を書いたり、多くの情報の中から「もっとも魅力的な部分」を捉え効果的に表現したりすることも、AIでは難しいと考えられています。人間のように、文章からあらゆる感情を読み取ったり、多くの人が魅力的に思う部分を感覚的に捉えたりできないからです。

AIが人間のようにできず悩んでいる様子

「人間でなければ書けない文章」がある限り、Webライターの仕事はなくならないでしょう。

稼ぎながらスキルアップできる

Webライターは特別なスキルを持たずともなれる職業です。初心者でもクラウドソーシングを利用すれば、今すぐにでも稼ぎはじめられます。そのため「勉強代を投資したけれど1円も稼げなかった」「一定レベルに到達しなかったので、働きはじめられなかった」ということがありません。

稼ぎながら地道にスキルアップしていけば、高単価案件の直接依頼も増えてくるでしょう。ライティングスキル以外に金融関係や不動産関係などの専門知識も身につければ、さらなる収入アップを見込めます。

ライター収入がアップしてガッツポーズする女性

このようにWebライターは、たとえ初心者でも稼ぎながらスキルアップを図り、収入を伸ばしていける仕事です。誰にでも将来性があるといえるでしょう。

なぜWebライターは将来性がないと言われるのか?

ここからは「Webライターは将来性がない」と言われる理由について解説します。

文字単価の低い案件が増加

Webライターの収入の多くは「文字単価×ライティングした文字数」で決まります。そんな中クラウドソーシングサイトで募集されているは、1文字1円にも満たない低単価な案件ばかり。そのため「Webライターで稼ぐのはむずかしい」「一時的に稼げたとしても、低単価でずっと働き続けるのは無理がある」と考える人が多いのです。

しかし実際には、1文字3円、5円、10円などの高単価で仕事を請けているWebライターも存在します。

高単価で報酬を受けるライター

Webライターとしての実績が積み上がったりライティングスキルが認められたりすると、彼らのように高単価な案件を受注できるようになります。クライアント側から直接お声がけいただける機会も増えるでしょう。ずっと低単価で働き続けるわけではありませんので、安心してください。

Webライターの増加

副業解禁の風潮もあり、好きな場所、タイミングで働けるWebライターに興味をもつ人が増えています。参入障壁も低く誰でも取り組めることから、実際にWebライターとして働きはじめる人も多いです。そのため「Webライターは増えすぎてすでに飽和している」「案件の取り合いになって稼げない」と考え、将来性がないと思っている人も少なくありません。

しかし実際のところ飽和とは程遠い状況といえます。大半のWebライターは、クライアントが「仕事を依頼したい」と思えるレベルではないからです。勉強を怠らずまじめにスキルアップを図れば、請け負い切れないほどの仕事依頼が来るWebライターになれるでしょう。

AI技術の流入

テクノロジーが進化し、AIで文章を書くツールも開発されはじめています。現状でも完成度の高い文章が完成すると話題になっているため、「近々Webライターが不要になる」と考える人も多いようです。

しかし、AIには感情がありません。きれいな日本語でわかりやすい文章を書くことができても、人間の繊細な感情を動かす言葉を選んだり、体験の感動が伝わる文章を書いたりするのはむずかしいです。この先AIの技術が発展しても、Webライターの仕事はなくならないでしょう。

動画コンテンツの増加

近年は動画コンテンツが主流になりつつあります。「文章コンテンツは減少傾向にある」「いずれライティングの仕事は無くなる」と考える人も少なくありません。しかし、動画のシナリオを書くのはWebライターの仕事です。

動画シナリオのライティング

動画コンテンツ市場が伸び続けたとしても、Webライターの仕事はなくなりません。むしろ、今後も仕事が増え続けると考えられるでしょう。

【注意】こんなWebライターには将来性がない

「Webライター」という職業自体は将来性がありますが、「この先も働き続けられるかどうか」はあなた次第です。ここでは将来性がないWebライターの特徴を3つお伝えします。

スキルのレベルが低い

Webライターの収入はスキルレベルに比例します。ライティングスキルはもちろん、SEOの基礎知識があるか、ワードプレスの入稿作業ができるかなども重要です。

スキルレベルが低いままでは文字単価も上がらず、作業量の割に稼げない状態が続きモチベーションも下がります。また、「記事の質が悪い」「SEOの知識がなければ仕事を依頼するのがむずかしい」などの理由で、仕事の依頼自体が減る可能性もあります。

Webライターとしてのスキルが低いままでは仕事を続けられないといっても過言ではないでしょう。

h3向上心がない

Webライターは誰でもはじめられる仕事です。だからこそ、日々向上心を持って取り組む必要があります。

クライアントからの指摘を繰り返さないように注意したり、よりよい文章を書くための知識を学んだりするなどして成長しなければ、継続依頼の声がけや文字単価アップも見込めません。最悪の場合、契約が打ち切りになってしまう可能性もあります。

契約破棄されたライター

日々向上心を持って取り組まなければ、Webライターは続けられません。

責任感に欠ける

Webライターは、自分が書いた記事の内容に責任を持たなければいけません。「ただ記事を納品すればいい」と考えて誤字脱字のチェックを怠ったり、内容の事実確認をせずに嘘の記事を書いたりすれば、クライアントからの信頼を失ってしまいます。最悪の場合、法的処分を受けることもあるでしょう。

責任感を持って取り組まずさまざまな問題を引き起こすWebライターは、働き続けられません。

将来性のあるWebライターになるには?

将来性のあるWebライターになるためのポイントを4つ解説します。

実績を積み上げる

Webライターとして地道に活動し、実績を積み上げていきましょう。クラウドソーシングであれば、できるだけ多くの案件に挑戦して評価を貯めてみてください。よい評価が多いほどクライアントからのお声がけが多くなりますので、次の仕事につなげやすくなります。

高い評価を集めるライター

また、記名記事の案件があれば積極的に挑戦するとよいでしょう。記名記事はさまざまな場所でアピールできるポートフォリオになります。ポートフォリオからあなたのライティングスキルを確認し、直接仕事を依頼してくるクライアントも増えるでしょう。

権威性を高める

Webライターである程度実績を積み上げたら、会社を立ち上げるのがおすすめです。法人化は簡単にできるものではありませんから、「会社を立ち上げている」という事実だけで権威性を高められます。同時に信頼感も得られますので、クライアントも安心して仕事を依頼できるでしょう。

すぐに会社を立ち上げるのがむずかしい人は、ブログやSNS、YouTubeなどで活動するのもおすすめです。ライティングのノウハウを発信したり、これまでの実績をアピールしたりすれば、権威性を高められます。

多ジャンルに対応できる知識を増やす

対応できるジャンルが増えれば、その分多くの仕事を請け負えるようになります。できるだけ多くのジャンルに対応できるよう、知識を増やしていきましょう。

さまざまなジャンルの本が並ぶ棚

金融や医療、不動産、士業などの専門知識を必要とするジャンルに対応できるようになればベストです。専門的なジャンルはライティングできる人がとくに少ないため、それだけで重宝されるWebライターになれます。どれか一つだけでも構いませんので、ぜひ知識をつけてみてください。

ライティングスキルのレベルを上げる

将来性のあるWebライターになるには、ライティングスキルのレベルを上げる必要があります。スキルが上がれば記事の質もよくなりますので、自然と継続依頼や文字単価アップの話が増えるでしょう。ライティングスキルを上げるための努力を怠らなければ、この先もWebライターとして稼ぎ続けられます。

ライティングスキルは、さまざまな業種、場面で役立ちます。Webライターとしての将来性を高めるだけでなく、働き方の選択肢を広げてくれるでしょう。

Webライターのスキルを活かせる業種

Webライターのスキルが活かせる業種を3つご紹介します。

Webライティング講師

Webライティング講師とは、Webライターとして稼ぐために必要なノウハウやスキルを教える人のことです。現状、Webライターとして活動をはじめたいけれどどのように取り組むべきかわからない人や、思うように稼げず困っている人が増えています。このような人たちにとって「Webライティングを教えてくれる先生」は心強い存在になるでしょう。

ライティング講師

Webライティング講師は、これまで身につけたWebライターのスキルをすべて活かせる働き方です。人に何かを教えることが好きな人、得意な人にはぴったりでしょう。

Webディレクター

Webディレクターとは、Webサイト制作を中心としたプロジェクトのディレクションを行う人のことです。コミュニケーション力やデザイン、コーディングなどの知識も必要ですが、Webライティングのスキルも欠かせません。さまざまなスキルが必要な分、Webライターよりも高収入です。

ウェブディレクター

Webライターとして活動しながらそのほかの必要スキルを身につければ、Webディレクターとして活躍することもできるでしょう。

記事校正・編集者

校正とは、記事の誤字脱字や表記ゆれなどをチェックし、正しい形になおすことです。編集とは、あらゆる記事の企画立案や構成作りをしたり、原稿をよりわかりやすく伝わりやすい形に書き換えたりすることを言います。どちらもWebライターとしてのスキルが高くなければできない仕事です。

編集・校正ライター

世の中に読み物がある限り、記事校正・編集者の仕事は無くなりません。ここまで記事を読んでも「Webライターの将来性が不安だ」という方は、記事校正・編集者への転職を視野に入れてもよいでしょう。

将来性があるかどうかはあなた次第

Webライターそのものは、将来性のある職業です。しかし、将来性があるWebライターになれるかどうかは、個人の努力次第になります。スキルアップや実績作りなどの努力を怠れば、将来性のないWebライターになってしまうでしょう。

本記事でご紹介した「将来性のあるWebライターになるポイント」を参考にしながら、今後も必要とされるWebライターを目指してみてください。

「将来性のあるWebライターになれるか不安」「もっとスキルをつけて今後も稼ぎ続けたい」という方は、Webライター講座の受講がおすすめです。興味のある方は以下より詳細をご確認ください。

先ずは無料で学んでみる

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP