収益アップ

独学でWebライターになる4ステップ|20万円稼ぐ期間や独学のリスクを解説

場所や時間を選ばずにできる「Webライター」の働き方が広く認知され、実際にやってみたいと考える人も増えてきました。

そんななか、

https://web-writers.jp/magazine/wp-content/themes/code_tcd090/img/common/no_avatar.png

・Webライターになりたいけれど独学でなれるのだろうか?

独学でWebライターを目指す場合どのように取り組めばよいのだろうか?


このように悩む人も多いのではないでしょうか。

この記事では、独学でWebライターを目指すうえで知っておきたいリスクや必須スキル、稼げるようになるまでの具体的な期間について解説します。

独学でもWebライターになれる?

独学でもWebライターを目指せるのか、気になっている人も多いでしょう。ここではその回答と、独学でWebライターを目指す前に知っておきたい3つのリスクについて解説します。

結論:独学でもWebライターになることは可能

フリーランスのWebライターは、独学ではじめている人が多いです。

それでもこの仕事一本で十分な収入を得ている人や、有名なライターになっている人も多くいることから、「独学でもWebライターになれる」といえるでしょう。

しかし、安易に「独学でWebライターを目指そう」と考えるのは危険です。独学でWebライターを目指す場合、避けられない大きなリスクがあります。

注意点:3つの避けられないリスク

独学でWebライターになるうえで避けられないリスクは以下の通りです。

リスク①:文字単価が低くなりやすい

Webライターは、スキルに応じて収入額が決まります。Webライターとしてのスキルが高くないうちは、文字単価の低い案件しか受注できない可能性が高いです。

高単価の案件は「Webライター歴○年以上」「ポートフォリオ提出」などの条件があることが多く、応募しても断られたり、スキルが足りずにテストライティングで落とされたりします。

文字単価が低い案件ばかりだと、一定額を稼ぐまでに必要以上の労力と時間がかかります。また、稼ぐために質より量を重視しやすくなるので、記事のクオリティが上がりにくくなるでしょう。

クオリティが上がらないとクライアントから評価されないので、文字単価も上がらなくなります。このような状態が続くと、体力的にも精神的にも疲れてしてしまい、Webライターを続けるのがむずかしくなってしまうでしょう。

リスク②:修正依頼が来やすい

Webライターを目指す場合、1からライティングの基本を身につける必要があります。最初のうちはライティングスキルが低いため、クライアントの求める文章を書けないことが多いです。クライアントの意向に沿う文章でなければ「修正依頼(文章の書き直し)」を求められ、OKが出るまで書き直しをする必要があります。

1、2回程度で済めばよいですが、何度も修正となるとクライアントからの印象が悪くなり、リピート発注に繋げにくくなります。最悪の場合は契約が途中終了され、報酬が支払われないこともあるでしょう。

リスク③:作業・時間効率が悪い

独学でWebライターを目指す場合、書籍やネット情報などを見て学びながら実践することになります。情報を集めたり取捨選択したりすることに時間をとられるため効率が悪いです。

また、学んだ内容を実践しても答え合わせができないまま誤って覚えてしまうことも多くなります。このような点から、独学だと作業・時間効率が遅くなりやすいです。加えて成長スピードの低下にもつながります。

成長スピードを早めてほかWebライターと差別化を図るなら、プロから学ぶことも検討してみましょう。

プロから学べば、稼げるWebライターになるまでの時間を大幅に短縮できます。webライティングにまつわる不安や疑問も効率的に解消できるため、モチベーションの維持にもつながるでしょう。

先ずは無料で学んでみる

 

Webライターに必要なスキル

独学でWebライターを目指すうえで必要な基本スキルを解説します。

わかりやすい文章力

Webライターは、誰が読んでも理解できる、わかりやすい文章を書く必要があります。少しでもわかりにくい文章だと、誰にも読んでもらえなくなってしまうからです。最後までスムーズに読み進められる文章を書くために、以下のポイントを守りましょう。

  • 一文を短くする
  • 結論を先に書く
  • 専門用語を使いすぎない
  • 前後関係が矛盾しない
  • ひらがな、カタカタ、漢字のバランスがとれている
  • あいまいな表現を使わない

SEOの基礎基本

SEO(検索エンジン最適化)とは、Googleをはじめとした検索エンジンに理解してもらえるように、Webサイトの内容を最適化することです。SEOが考慮されたwebページ・Webサイトは検索結果の上位に表示されやすくなるため、多くの人の目に触れやすくなります。その結果、PV数(閲覧数)やCV(売上や認知拡大につながる成果)の増加につながります。

WebライターはSEOを意識した記事作成の機会が多いです。SEOの専門用語を理解していること、検索意図や潜在ニーズを把握できることが求められる場面もあります。そのほか記事構成の作成やライバルチェックなどの作業ができると重宝されますので、SEOの基礎基本はおさえておくべきでしょう。

日本語力

Webライターの仕事は「文章を書くこと」です。日本語文法を守ることはもちろん、優れた語彙力や論理的な文章を作る能力も求められます。

日本語力があれば、クライアントとのやり取りでも円滑なコミュニケーションがとれるでしょう。スムーズにコミュニケーションがとれるWebライターというだけで重宝され、リピート受注につながる可能性もあります。

責任感

Webライターは、責任感なくして務まらない仕事です。納期を守ることはもちろん、記事のクオリティに責任をもつ必要があります。

「ただ記事を納品すればよい」と思いながらライティングすると、誤字脱字をはじめとしたミスをしたり、誤った情報を記事にしてしまったりして、クライアントからの信用を失ってしまうでしょう。

1記事1記事に対して責任感をもって携われるようになるとクライアントからの信頼も厚くなり、継続依頼や単価アップなどの形で評価してもらいやすくなります。

独学でWebライターになるには?

独学でWebライターを目指す、4ステップをご紹介します。

参考書を数冊読む

まずは文章力にまつわる参考書を読むことから始めましょう。1冊では正しいノウハウなのか判断が難しいため、ランキング上位にある評判の書籍や、先輩Webライターのなかで話題になっているものを数冊読むのがおすすめです。

ただ読んでいるだけでは文章力が身につきませんので、メモをとったり、勉強になった部分を意識しながら文章を書いたりして、積極的にアウトプットしましょう。アウトプットをすると学びが定着しやすくなります。

上位表示記事を参考にする

書籍を数冊読んだ後は、検索上位の記事を確認してみましょう。

検索上位に表示されている記事は、Googleが「読み手にとって有益」「SEO効果が高い」と評価したものです。つまり、webライティングとSEO、両方の観点で参考になる記事といえるので、積極的に読んで勉強しましょう。最低100記事は読むことをおすすめします。

サイト・ブログを開設する

実際にサイトやブログを開設して、文章を書いてみましょう。

しばらくしたら、自分が書いた文章を読み返してみてください。どこか違和感を覚えたら、他のサイトの記事と見比べて「何に違和感を覚えたのか」「他の記事と何が違うのか」などを考えてみます。気づいた点にもとづいて文章の修正を繰り返していけば、さらに文章力が鍛えられるでしょう。

実際に依頼を受けてみる

ここまでの3つのステップを実践した後は、実際に依頼を受けてみましょう。おすすめはクラウドソーシングを利用することです。クラウドソーシングには初心者歓迎の案件が多いので、応募ハードルが低めといえます。

しかし最初のうちは、修正依頼を受ける可能性が高いです。ライティングスキルが身に付けば修正依頼は減っていきますが、それまでは根気よく実践し続ける必要があります。

諦めずに続けているうちにスキルや経験が評価され、文字単価の高い案件や長期依頼の案件も獲得できるようになるでしょう。

月収20万円稼ぐまでに何ヶ月かかるのか?

独学でWebライターを目指した場合、月収20万円を達成するのにどれくらいの期間が必要なのかをご紹介します。

目安は1年以上

月収20万円を稼げるようになる目安は1年です。独学でも1年間継続すればある程度のスキルが身に付き、文字単価も上がっているでしょう。

大きく稼ぐためには、「いかに文字単価を上げるか」を意識しなければなりません。そのためには専門性の高いスキルを身につけたり、ポートフォリオを増やしてライティングスキルをアピールしたりするなどの戦略も必要になるでしょう。

得意分野により異なる

得意分野によって月収20万円に到達する期間が異なります。専門知識が必要ないライフスタイル系や恋愛系などは、文字単価が低い傾向にあるので少し時間がかかりやすいです。

反対に専門知識が必要な金融や医療などは高単価で稼ぎやすいジャンルなので、場合によっては1年経たずに月収20万円を稼げるでしょう。

専門知識が必要ないジャンルであっても、

  • 効率的に作業を進められる
  • 継続して受注できる
  • 文字単価アップの可能性がある

などライターにとって有利な条件があれば、無理なく月収20万円を達成できます。

独学では挫折する可能性が高い

独学でも1年程度コツコツ継続すれば月収20万円を目指せますが、ほとんどの人はその前に挫折してしまいます。

文字単価が上がらず労力と収入が見合わなかったり、思うようにスキルが上がらず修正依頼が減らなかったりと、体力的にも精神的にも辛いと感じる場面が多いからです。

独学でWebライターを目指そうと考えている方は、まとまった額を稼ぐまでに相当な努力と覚悟が必要であることを念頭におきましょう。

プロの指導を受けることが理想的

独学で稼げるWebライターを目指すには、ライティングスキルをはじめとしたあらゆるスキルを育てる必要があります。ある程度のスキルがついて活動が軌道に乗るまでは、辛いと感じることもあるでしょう。

独学では情報収集からインプット、アウトプットまでに時間がかかります。必然的にスキルアップが遅くなりますので、その覚悟で挑んでください。できるだけ早く稼げるWebライターになりたい人は、ライター講座の受講を検討してみてください。

副業から独立を目指す人まで安心して学べるサポート体制を整えています。興味のある方は以下よりお申し込みをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP