収益アップ

【必ずレベルアップ】Webライター歴5年のプロが教える練習方法

仕事に必要なスキルを確実に身につけるためには「練習」が不可欠。これはWebライターでも同じです。

とはいえ、プロのWebライターになるためにはどんな練習が効果的なのかわからない方もいることでしょう。

本記事では、Webライティング歴5年のプロが、Webライターならぜひ実践したい効果抜群の練習方法を詳細に解説します。

https://web-writers.jp/magazine/wp-content/themes/code_tcd090/img/common/no_avatar.png

・プロのWebライターに必要なスキルとは?

・Webライターのスキルが身につく練習方法とは?

・Webライターが練習を続けるとどんなメリットがあるのか?

このような疑問にすべて答えていますので、Webライターとしてレベルアップしたい方はぜひ参考にしてください。

 

Webライティングの特徴を再確認しよう

Webライティングにはどんな特徴があるのかを簡単に説明しますので、まずはざっと理解してください。

そもそもWebライティングとは?

 Webライティングとは、端的に言うとWebコンテンツをつくるためのライティングです。

 仕事をするWEBライター

Webコンテンツは、以下で触れるように紙媒体とは性質が異なります。Web上で公開されるコンテンツの場合、スマートフォンなどのデバイスでも読みやすいよう相応の工夫が欠かせません。

またWebコンテンツの読者の多くは、グーグルやヤフーなどの検索エンジンを経由してアクセスします。そのため単に読みやすいだけでは足りず、検索エンジンに認識されやすいよう適切な内容にする必要があるのです。

紙媒体との違い

Webライティングと紙媒体の違いは、「メディア」と「読者」です。Webライティングで書かれたコンテンツはWebメディア上に公開されます。

企業のオウンドメディアやプレスリリース、SNSなど、インターネット上で公開するメディアの文章を作るのがWebライティングです。したがって読者の大半は、インターネットにアクセスできる人やネットにつながったデバイスを持っている人です。

スマホで文章を読む人、新聞で文章を読む人

それに対して紙媒体に書かれたコンテンツは、書籍や雑誌など紙に印刷されたメディアに掲載されます。したがって、Webメディアやインターネットになじみがない人でも、新聞や雑誌、書籍などを手にとって読むことが可能です。

このようにWebライターが書く文章は、Webメディアで読まれることを前提にしています。そのため次の見出しで解説するように、Webライターには、SEOや画像選定、入稿ツールの知識など特有のスキルが必要となるのです。

Webライターに必要なスキルとは?

Webライティングと紙媒体との違いを理解したら、次はWebライターに必要なスキルをチェックしましょう。Webライターに必要なスキルはある程度決まっています。主なスキルは次の7つです。

1、SEOの基礎・基本
2、わかりやすい文章力
3、日本語力
4、コピーライティング
5、画像の選定
6、WordPressや専用ツールへの入稿
7、専門的な知識

各スキルを簡単に解説します。

SEOの基礎・基本

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、日本語では検索エンジン最適化と言います。

グーグルやヤフーなどの検索エンジンにサイトの存在を認知してもらい、かつ検索上位に表示してもらうためには、Webサイトの内容を最適化する必要があります。この作業がSEOです。

SEO

どんなに素晴らしいWebライティングでも、検索上位に表示されなければほとんど読んでもらえません。その意味では、SEOの基礎・基本はWebライターに欠かせないスキルといえるでしょう。

わかりやすい文章力

Webサイトの文章は、「一読了解のわかりやすさ」がとても重要です。どんなに素晴らしい情報でも、わかりにくい文章で書かれていれば読んでもらえません。

たとえば結論を先に書くことなどは、わかりやすい文章の典型です。Webの読者はせっかちですから、結論を後回しにするとすぐに離脱してしまいますので注意しましょう。

日本語力

国内サイトの文章は、当然のことながら日本語で書かれています。読者も日本人が大半ですから、「サイトに書いてある文章がまったく理解できない」ということはまずないでしょう。

だからといって文法や語彙、論理的表現などをおろそかにしていい理由にはなりません。一読了解のわかりやすい文章を書くためにも、日本語力は不可欠なのです。

コピーライティング

コピーライティングとは、文章や言葉でメッセージをつくり、読み手の心を動かしたり新たな行動(商品の購買、情報へのアクセスなど)を促したりする技術です。看板広告や新聞広告、テレビCMなど、あらゆる広告でコピーライティングが使われています。

コピーライター

Webコンテンツは読んでもらえなければ無価値です。したがってアクセスした読者の心をつかみ、文章を読み進めてもらうためのコピーライティングは、Webライターにとって欠かせないスキルといえるでしょう。

画像の選定

ほとんどのWebコンテンツには画像がついています。記事の冒頭に表示されるアイキャッチや見出し前後に置かれる画像などです。

もし画像がついていないとページ全体が殺風景になり、コンテンツの魅力が大きく下がります。また画像がついていたとしても、記事の内容にフィットしていなければ、違和感を抱いた読者が離脱してしまうことも。

画像の選定スキルは文章術と直接の関係はありませんが、Webライターにとっては必要なスキルといえるでしょう。

WordPressや専用ツールへの入稿

Webライティングで作成するコンテンツがブログ記事である場合、Word Pressや専用ツールを使って入稿するのが一般的です。クラウドソーシングで募集している記事作成の案件でも、ライターにWord Press等の管理画面へのアクセス権限を付与し、直接原稿を入稿したり編集したりするよう指示するケースがかなりあります。

WordPress入稿

このような状況をふまえると、「私はライターですので、Word Pressや専用ツールへの入稿作業はお引き受けできません」と拒否するのは現実的ではありません。Word Press等への入稿は、Webライティングの必要スキルとして身につけておきましょう。

専門的な知識

執筆するジャンルによっては専門的な知識が求められます。たとえば医療や法律、金融といったジャンルです。こういったジャンルで記事を書くためには、正確かつ最新の専門知識が必要です。

専門性の高いジャンルでキャリアを重ねたいと考えている方は、普段から関連書籍を読み込むなどして知識を身につけておきましょう。


___ここまで解説したWebライティングのスキルについてさらに詳しく知りたい方は、次の記事も合わせてご覧ください。

【プロを目指す】Webライターの練習方法

ここからは、Webライターに必要なスキルが身につく練習方法を詳しく解説します。プロのWebライターとして活躍するためにはどんな練習方法が効果的なのかを確認しましょう。

基礎・基本をインプットする

どんな職業にも最低限必要な基礎・基本というものがあります。Webライターも例外ではありません。冒頭の見出しで紹介した7つのスキルはその一例です。

スキルを実戦レベルで使えるようになるには、まずスキルの内容を知識としてインプットしておく必要があります。やみくもに記事を書き続けてもスキルはなかなか身につかないのです。

Webライターの基礎・基本にあたる知識は、Webライティングについて解説したWeb記事や書籍などを読むことでインプットできます。とくにWebライター必須のスキルであるSEOに関しては、優れたWeb記事や書籍がたくさんあるので参考にするといいでしょう。

ブログでアウトプットを繰り返す

インプットした知識は必ずアウトプットして定着させましょう。アウトプットに有効なのがブログ記事を書くこと。

ブログ

自分のブログは自由が利きます。仕事の記事とは異なり、さまざまなライティングにトライできるのはブログならではでしょう。たとえばSEOの練習なら、キーワードの出現数を変化させた複数の記事を用意し、記事の順位の違いをチェックすると効果的です。

また、同じテーマで長文の記事と短文の記事を用意して、読了率を検証するのもいいでしょう。いずれもGoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールを使えば測定できます。

ブログで色々なアウトプットを試していけば、「どのような記事がよく読まれるのか」が理解できます。どんなに文章が巧みでも、読まれない記事ばかり書くようではプロのWebライターとは言えません。ぜひ積極的にブログを活用したアウトプットに取り組んでみましょう。

書いた文章を校正する

校正をしっかり行うと、文章の間違いが減ります。また校正のスキルが向上すると、記事を執筆するときもライターと校正者の両方の目でチェックできるようになるので、記事の品質が大きく向上します。

なお、ここで言う「校正」とは、単なる誤字脱字の訂正ではありません。見出しの前後関係がおかしくないか、結論を後回しにしていないか、理由が不足していないかなど、記事全体の品質を保つための総合的なチェックのことです。

校正

校正の経験を積む方法に近道はありませんが、最も身近な教材は自分が書いた初稿です。初稿には必ず間違いが含まれています。

目を皿のようにして初稿をチェックし、誤字脱字や構成の間違い、不正確な文法、リサーチ不足など、あらゆる欠点をなおすつもりで繰り返し読み込みましょう。

また、もし可能なら他のライターさんが書いた初稿を校正するのも勉強になります。自分の文章の癖は校正を重ねるうちに矯正されるため、やがて校正の学習効果は落ちてしまうからです。他人の書いた初稿を校正すれば、自分にはない癖や欠点を発見できるので、常に新鮮な気持ちで校正にのぞめるでしょう。

プロに添削を依頼する

自分でアウトプットと校正を繰り返しても、それが正しいかどうか判断が難しいこともあります。気軽に相談できる先輩ライターがいればよいですが、必ずしもそのように恵まれた環境にあるとは限りません。そこでおすすめなのが、プロに添削してもらうこと。

プロライターが添削

Webライティングのプロの目で添削してもらうことで、自分では気づかなかった間違いを把握できるので、独学よりもはるかに早いペースで成長できます。

またプロの添削では、欠点だけでなく自分の隠れた魅力を指摘してもらえるのもメリットでしょう。

「論理的でスムーズに読めますね!」「結論と理由が簡潔に書かれているので、Webライターに向いていますよ」というように、自分の長所をはっきり指摘してもらうと、練習の成果を実感できるので、「もっと練習しよう!」とやる気が湧いてくるはずです。

先ずは無料で学んでみる 

 

サイト研究を行う

競合サイトの記事を研究することもいい練習になります。とくにおすすめなのが検索上位(※)に表示されるサイトです。上位表示サイトは、WebライティングとSEOどちらの観点からも参考になります。

※検索上位とは、検索結果の1位〜10位を指します。ただし、検索対象が法律や医療分野など公的な内容である場合、国や地方自治体、研究機関など公的団体のサイトが上位表示されることが一般的です。そのためサイト研究の対象としては適切でないこともあります。その場合は上位20位まで対象を広げてみてください。

ウェブサイト研究

サイト研究を行う際は、文章はもちろんのこと、タイトルや見出しの作り方、記事の構成、画像の使い方など幅広い視点をもってのぞみましょう。以下、具体的な練習方法を解説します。

上位表示のライティングを真似る

サイト研究の方法として最優先したいのが、上位表示サイトのライティングを真似ること。なぜなら、上位表示ができている記事はライターさんのレベルも高く、Webライティングのスキルに見習うべき点が多いからです。

文章術だけでなく、タイトルや見出しの付け方、記事の構成、SEOなど真似したいポイントはたくさんあります。サイトの隅々まで目を通し、「上手いWebライティング」がどのようなものかを味わい尽くすといいでしょう。

ただし一点注意があります。

「実際に特定のキーワードで検索上位にランクしている」といっても、検索ボリュームの小さいキーワードだとあまり意味はありません。検索ボリュームが小さいキーワードで上位表示されても、実際に読む人はほとんどいないからです。

読者が大勢いる記事の中で上位に入る場合と、読者が少ししかいないサイトの中で上位に入る場合では、上位表示がもつ価値がまったく異なるのです。

後者の場合そもそも競合サイトが少ないため、あまり工夫をしなくても上位表示できます。上位表示サイトだからといって、Webライティングの参考になるとは限らないわけです。

研究対象とする上位表示サイトを選ぶ場合は、検索ボリュームの小さいキーワードで検索しないよう注意してください。

圏外の記事を自分で添削する

余裕があるなら上位表示サイトだけでなく圏外のサイトも研究してみましょう。個人ブログなどに多いのが、丁寧な編集を怠っているせいでライティングや記事構成の質がかなり雑になっている例です。

こういった欠点をみつけ、添削することはWebライティングの練習として有効です。

「記事のテーマに関係ない話題をつめこんでいる」「論理的に筋が通らない構成なので読みにくい」「この部分は余事記載なのでカットできる」というように、編集者になったつもりで添削してみるといいでしょう。

何件も依頼をこなす

知識をインプットするだけではWebライティングのスキルは身につきません。どんな仕事でもそうですが、実務をこなすことがスキルアップの一番の近道です。

クラウドソーシングを活用してどんどん案件を獲得し、記事の執筆に取り組んでください。実際にさまざまな依頼を受けることで、マニュアルや作業の流れの違いなどライターとしての経験値も深まります。

練習することで得られるメリット

Webライターの練習をするときは、「この練習でどんなメリットが得られるのか?」を意識すると効果的です。以下、練習で得られるメリットを紹介するので参考にしてください。

文字単価が上がる

Webライティングの練習のメリットで、最も重要なのが文字単価のアップです。

お札の上にペン

Webライティングの練習によりライティング能力が向上すれば、「修正の少ないライター」に成長できます。修正の少ないライターは、クライアント様としても長く関係を継続したい存在です。

長期間継続して受注しているうちに、

https://web-writers.jp/magazine/wp-content/themes/code_tcd090/img/common/no_avatar.png

〜さんにはいつもよい記事を書いてもらっているので、来月分から文字単価を上げますね!


と嬉しい提案をいただけるようになります。

またライティング能力が上がると、テストライティングの品質も当然上がるので、はじめて取引するクライアント様の案件でも文字単価の高い案件を受注できるようになります。

信頼性が高まる

Webライティングの練習を重ねることで、ライターとしての信頼性が高まります。これは以下Webライティングの練習の効果を考えれば当然のことでしょう。

  • ノウハウが身に付く
  • ライティングのレベルが上がる
  • 依頼をこなすことで実績が付く

Webライターの練習でノウハウが身につけば、ライティングのレベルも上がります。ライティングのレベルが上がるにつれて記事の品質も向上するので、いやでもクライアントからの依頼が増えます。依頼が増えるほど実績が付き、信頼性もうなぎ登りです。

このように、練習によってWebライティングのレベルが上がれば、最終的にはライターとしての信頼性も自然に高まるものなのです。

作業効率が上がる

Webライティングの練習を重ねてスキルを身につけると作業効率が上がります。多くの記事をこなすことで、キーワードや記事構成に対しどのような流れでライティングすればよいかイメージが湧きやすくなるからです。作業効率が上がると納品ペースが早くなるので、収入も当然増えます。

作業効率・収入UP

Webライターは趣味ではなく仕事ですから、練習によって作業効率を上げ、収入を増やすことはとても有意義なことといえるでしょう。

直接契約の可能性が高まる

Webライターの練習を継続した結果、ライターとしての信頼性が上がると、直接契約の可能性が高まります。信頼されるライターには、発注者である企業から「うちのメディアで仕事をしませんか?」とお誘いがかかるようになります。いわゆる「スカウト」です。スカウトがくるようになればしめたもの。黙っていても実績が積み上がっていくでしょう。

企業は豊富な実績をもつライターを常に探しています。また発注者の心理として、優れたライターは、クラウドソーシングではなく直接自社の窓口を通じて確保しておきたいと考えるものです。そのため、クラウドソーシングなどで際立った評価や案件数をもつライターのもとには、企業から直接契約の話がしばしば舞い込んでくるのです。

このレベルになると、憧れの有名企業やメディアから依頼がくることも稀ではありません。直接契約で生計を立てられるようになったら、紛れもなく「プロのWebライター」にランクアップしたと言っていいでしょう。

不安な時はプロに相談しよう

ここまでWebライティングの効果的な練習方法について解説してきました。ただ、「自分一人の努力で練習を続けられるか、いまひとつ自信がない……」と感じた人もいるのではないでしょうか?

できるだけ早く稼げるWebライターになりたいなら、経験豊富なプロのライターから指導を受けるのが最短・最速のルートです。

以下でおすすめするライター講座なら、経験豊富なプロのWebライターから実戦的な指導を受けられます。

無料で繰り返し受講できるビデオ講座と何度でも質問可能なLINEサポートにより、今回紹介したスキルのインプットは十分可能です。ぜひ検討してみてください。

先ずは無料で学んでみる

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP